Blog&column
ブログ・コラム

ファイナンシャルプランナーとライフプランナーの違いを具体的に解説

query_builder 2021/09/21
コラム
6
ファイナンシャルプランナーとライフプランナーは、似たような印象があるのではないでしょうか。
具体的な違いについて知る方は少ないでしょう。
そこで今回は、ファイナンシャルプランナーとライフプランナーの違いを解説していきます。

▼ライフプランナーとは
ライフプランナーとは、保険と金融に関する知識を持ち、高度なスキルを持ったプロフェッショナルのことです。
採用されるための基準が厳しく、保険、金融、経済、税務についての高い知識を求められます。
ライフプランナーになるためには、国家資格である「FP技能士」1級、2級、3級のいずれか、または民間資格である「AFP」か「CFP」を取得する必要があります。

ファイナンシャルプランナーとライフプランナーの仕事内容の違い
ファイナンシャルプランナーの仕事は、主にお客様のライフイベントに合わせて資金計画を立てたり、お金に関する相談に乗ったりすることです。
これに対してライフプランナーの仕事は、お客様の生涯設計をすることです。
具体的には、お客様に合わせて保険についてのアドバイスをします。
つまり、お金のプランを立てるのがファイナンシャルプランナー保険のプランを立てるのがライフプランナーということになります。

▼まとめ
ファイナンシャルプランナーとライフプランナーは、一見似ているように感じられますが同じではありません。
お金に関する相談に乗ったりプランを立てたりするのがファイナンシャルプランナーで、保険に関する相談に乗ったりプランを立てたりするのがライフプランナーです。

NEW

  • 【ご相談】開業案件

    query_builder 2021/08/28
  • 【ご相談】ガン保険は必要?

    query_builder 2021/08/28
  • ブログ開設

    query_builder 2021/08/27
  • 生命保険は相続対策に活用できる。理由をご紹介

    query_builder 2022/11/05
  • 必要保障額とはどんなもの?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/03

CATEGORY

ARCHIVE