Blog&column
ブログ・コラム

教育資金の効率の良い貯め方

query_builder 2021/12/22
コラム
24
日本政策金融公庫の調査によると、高校入学から大学卒業までに必要なお金は、大学が私立の場合約1,000万円ほどと言われています。
では教育資金を効率的に貯めるには、どうすればよいのでしょうか。

▼児童手当を貯蓄に回す
教育資金は、子供が小さいうちから少しずつ貯めるのが、無理なく効率よく貯蓄するコツです。
最も確実な方法が、必ずもらえる児童手当をまるまる教育資金として貯蓄する方法です。
この方法だと、中学校卒業までにおよそ200万円貯めることができます。

▼学資保険に入る
学資保険は、満期で受け取る金額により保険料が異なります。
どれくらいの金額が必要なのかにより選択することができるので、安心ですね。
ただし途中で解約すると受け取れる額が大幅に減る、インフレリスクがあるなど、デメリットもありますので、契約の際はしっかり確認しましょう。

▼自動積立定期預金
給料から毎月決まった金額を天引きし、積立する自動積立定期預金もおすすめです。
これなら使い込むことなく安定して貯めることができそうですね。

▼まとめ
教育資金を貯めるには、子供が小さいうちに計画的に貯める必要があります。
なお教育資金の貯め方は、今回ご紹介した以外にも様々な方法があります。

そしてそれぞれのご家庭の経済状況などにより、最適な貯め方は異なります。
教育資金のお悩みを解決したい方は、当社にご相談ください。
幅広い知識に精通したファイナンシャルプランナーが、お悩みを解決いたします。

NEW

  • 【ご相談】開業案件

    query_builder 2021/08/28
  • 【ご相談】ガン保険は必要?

    query_builder 2021/08/28
  • ブログ開設

    query_builder 2021/08/27
  • 必要保障額とはどんなもの?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/03
  • 貯蓄保険のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE