Blog&column
ブログ・コラム

生命保険と医療保険の違い

query_builder 2022/01/22
コラム
28
最近の保険は様々な種類があり、どれに加入すれば良いのか迷っている方は少なくないでしょう。
そこで今回は、保険選びの参考になるよう生命保険と医療保険の違いを見ていきましょう。

生命保険とは
生命保険は、主に死亡保険のことを指します。
死亡保険は、被保険者が死亡した時や高度障害になった時にお金がおりる保険のことです。
しかし最近は、医療保険生命保険の一部として捉えることが増えてきています。

▼医療保険とは
医療保険は、被保険者が怪我をしたり病気になったときにお金がおりる保険のことです。
なお保障内容により、保険の対象となる病気や怪我が異なります。
最近はがん保険や女性保険など、特定の病気に特化したものも増えています。
しっかり内容を確認して加入することが大切です。

生命保険と医療保険の違い
生命保険は、被保険者が亡くなってしまったり高度障害になった時にお金がもらえる保険で、受け取る方は被保険者の配偶者や子どもです。
一方医療保険は、被保険者自身が自身の病気や怪我に備えるもので、お金を受け取ることができるのは被保険者本人となっています。

▼まとめ
生命保険と医療保険の大きな違いは、保険の目的です。
しかし最近は生命保険と医療保険が一体化したものが多く、その内容も複雑化しています。
どんな保険が必要なのかよくわからないという方は、ファイナンシャルプランナー相談してみてはいかがでしょうか。
当社では、経験豊富なファイナンシャルプランナーが丁寧に対応し、あなたにぴったりな保険をご提案いたします。
保険え選びに悩んでいる方は、ぜひご相談ください。

NEW

  • 【ご相談】開業案件

    query_builder 2021/08/28
  • 【ご相談】ガン保険は必要?

    query_builder 2021/08/28
  • ブログ開設

    query_builder 2021/08/27
  • 必要保障額とはどんなもの?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/03
  • 貯蓄保険のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE