Blog&column
ブログ・コラム

生命保険と死亡保険の違いは?

query_builder 2022/02/08
コラム
30
保険には様々な種類があり、その違いを正確に把握していないという方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、数ある保険の中から生命保険と死亡保険の違いを説明します。

▼死亡保険とは
死亡保険とは、保険契約期間に被保険者が死亡した、あるいは高度障害者になった場合に配偶者や子どもに支払われる保険です。
一括で保険金が受け取れるものだけでなく、年金のように毎月一定額が受け取れるものもあります。

生命保険とは
生命保険とは、損害保険が物への損害に備えるものなのに対し、人に起こりうるリスクに備えるもの全般を指します。
そのため死亡保険生命保険に入りますし、医療保険生命保険に入ります。

生命保険と死亡保険の違い
生命保険と死亡保険の違いは、生命保険の方が対象となる保障範囲が広く、死亡保険もその対象に含まれる点です。
ただし生命保険=死亡保険と捉える場合もあるようです。

この場合、生命保険はその名の通り人の生命に対しかけられた保険という意味合いとなります。
「死亡保険」ではイメージがあまり良くないので、死亡保険生命保険と呼ぶことがあるのです。
生命保険の話をするときは、どういう意味合いで使われているのか確認する必要があります。

▼まとめ
生命保険と死亡保険は、生命保険の捉え方により違いがあることもあれば、同じ意味合いのこともあります。
どちらにせよ、保障内容をしっかり確認することが大切です。
当社では、保険の加入から見直しまで、お客様のニーズに合わせたプランをご提案いたします。
保険にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 【ご相談】開業案件

    query_builder 2021/08/28
  • 【ご相談】ガン保険は必要?

    query_builder 2021/08/28
  • ブログ開設

    query_builder 2021/08/27
  • 必要保障額とはどんなもの?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/03
  • 貯蓄保険のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE