Blog&column
ブログ・コラム

生命保険を使った相続対策とは

query_builder 2022/05/01
コラム
37
平成25年の相続税法の改正により、相続税の基礎控除額が引き下げられ、相続税のかかる人が増えました。
しかし生命保険を使うと、相続税対策になる可能性があります。
では生命保険を使った相続対策とはどのようなものなのでしょうか。

▼相続税とは
相続税とは、亡くなった人の財産を遺族などが相続する際支払わなければならない税金のことです。
相続税は、亡くなった方から相続した現金、預貯金、土地、建物、有価証券、生命保険の死亡保険金などの合計額にかかります。
なお相続する財産の合計が基礎控除額以内の場合は、相続税はかかりません。
しかし平成25年に基礎控除の額が下げられたため、相続税を支払わなければならない人が増えたのです。

生命保険を活用した相続対策とは
例えば夫が亡くなったとき、夫が残した死亡保険は非課税枠の対象となります。
非課税枠の分、相続財産の金額を少なくすることができるのです。
なお非課税枠は、

死亡保険金の非課税限度額=500万円×法定相続人の数
という数式で求められます。
例えば妻と子供2人が法定相続人の場合、1500万円までが非課税限度額の範囲となります。
相続税を気にせずに財産を残したい方は、保険を上手に利用するのがおすすめです。

▼まとめ
相続税の対策には、生命保険の非課税枠をうまく利用しましょう。
生命保険の相続対策についてさらに詳しく知りたいという方は、ぜひ当社にご相談ください。
幅広い経験や知見から、最適な保険プランをご提案したします。
まずはお気軽にご相談ください。

NEW

  • 【ご相談】開業案件

    query_builder 2021/08/28
  • 【ご相談】ガン保険は必要?

    query_builder 2021/08/28
  • ブログ開設

    query_builder 2021/08/27
  • 必要保障額とはどんなもの?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/03
  • 貯蓄保険のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE